卒業生・一般の方へ

保育士資格取得のための特例講習について

平成24年8月、「就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律」(平成24年法律第66号。以下「改正認定こども園法」といいます。)により、「学校及び児童福祉施設としての法的位置づけを持つ単一の施設」として、新たな「幼保連携型認定こども園」が創設されました。 新たな「幼保連携型認定こども園」は学校教育と保育を一体的に提供する施設であるため、配置される職員としては「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」の両方の免許・資格を有する「保育教諭」が位置づけられています。新たな「幼保連携型認定こども園」への円滑な移行を進めるため、改正認定こども園法の施行後5年間は、「幼稚園教諭免許状」又は「保育士資格」のいずれかを有していれば、「保育教諭」として勤務できる経過措置を設けておりますが、この間にもう一方の免許・資格を取得する必要があります。  このため、平成24年度に保育士養成課程等検討会における議論を踏まえ、経過措置期間中に幼稚園教諭免許状を有し幼稚園等において一定の実務経験を有する者(以下「特例対象者」といいます。)を対象として保育士資格の取得に必要な単位数等の特例を設け、免許・資格の併有を促進することとしました。(厚生労働省HPより)

詳細は厚生労働省のホームページ「幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例」
(URL:(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/hoiku/tokurei.html)
をご覧ください。

H29年度 保育士資格取得のための特例講習の開催について

大妻女子大学では、保育士養成施設として特例制度における4教科(「福祉と養護(講義2単位)」「相談支援(講義2単位)」「保健と食と栄養(講義2単位)」「乳児保育(演習2単位)」。)を開講することとしました。
募集要綱はこちら PDFファイル からダウンロードできます。

なお、本学での特例講習の実施は今年度(平成29年度)で最後となります。

受講対象者

特例講習の特例対象者は、幼稚園教諭免許を有し、次の施設において「3年以上かつ4,320時間以上」の実務経験を有する者です。

※ 実務経験は複数施設における合算でも可能です。
※ 施設が廃園されている場合、当該施設の設置者(自治体などの法人)が存続していれば証明が可能です。また、統合等によって事務を引き継いだ施設・団体等が証明できる場合は、引き継いだ施設・団体の長による証明も可能です。いずれも難しく証明ができない場合は、その実務を加算することはできません。

(1)幼稚園(特別支援学校幼稚部含む)
(2)認定こども園
(3)保育所
(4)小規模保育事業(法第6条の3第10項に規定する小規模保育事業(家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準(平成26年厚生労働省令第61号)第27条に規定する小規模保育事業A型及び小規模保育事業B型に限る。))を実施する施設
(5)事業所内保育事業(法第6条の3第12項に規定する事業所内保育事業(利用定員が6人以上の施設)を実施する施設
(6)公立の認可外保育施設
(7)へき地保育所
(8)幼稚園併設型認可外保育施設
(9)認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が交付された認可外保育施設
ただし、(9)は次の施設を除くことに注意してください。
・当該施設を利用する児童の半数以上が一時預かり(入所児童の保護者と日単位又は時間単位で不定期に契約し、保育サービスを提供するもの)による施設
・当該施設を利用する児童の半数以上が22時から翌日7時までの全部又は一部の利用による施設
・利用定員が5人以下の施設
(1)〜(9)の施設一覧は各都道府県のホームページにてご確認ください。

講習日程/内容

◇募集定員 : 各教科 50名

日  程:平成29年11月18日(土) 〜 平成30年2月4日(日)

 
科目名
単位数
担当
開講日
評価の方法
備考
福祉と養護
(講義)
2単位
加藤悦雄
林明子
H29.11/25(土)
H30.1/6(土),1/8(月),2/3(土)
全15回のうち
2/3以上の出席
+ 試験
相談支援
(講義)
2単位
岡 健
高橋ゆう子
田代和美
H29.12/26(火),12/27(水),12/28(木),12/29(金)
H30.1/4(木)
全15回のうち
2/3以上の出席
+ 試験
保健と食と栄養
(講義)
2単位
上杉宰世
八代陽子
H29.11/18(土),11/19(日),12/10(日)
H30.1/20(土),1/27(土),2/4(日)
全15回のうち
2/3以上の出席
+ 試験
11/19は調理演習
乳児保育
(演習)
2単位
阿部和子
池田りな
H29.12/9(土),12/10(日),12/16(土)
12/17(日),12/25(月)
全15回のうち
2/3以上の出席
+ 試験
12/25は保育所での
臨地実習

※各科目90分×15回の授業を実施。「2/3以上の出席」は試験を受けるための最低条件です。
※乳児保育については、12/17(日)理論テスト及び臨地実習の説明会、12/25(月)終日の臨地実習についての欠席は認めません。あらかじめ、予定をご確認のうえお申込みください。
※時間割の詳細はこちらをご覧ください。

◇場  所 : 大妻女子大学 千代田キャンパス  東京都千代田区三番町12番地
交通アクセス・キャンパスマップ(URL:https://www.otsuma.ac.jp/access/chiyoda)

受講料

1教科 20,000円

※その他、テキスト代等、実費徴収をする場合があります。

受講申込

◇申込期間 : 平成29年9月1日(金) 〜 平成29年9月25日(月)

◇申込方法 : 下記よりログインして必要事項を入力し、お申込みをしてください。

 ※ 定員になり次第締め切りとさせていただきます。

◇提出書類 : ホームページからのお申込み終了後、次の書類を郵送にて資格支援グループまでご送付ください。(9/30必着)

・申込書        
 ※申込書はこちら PDFファイル からダウンロードしてください。
・幼稚園教諭免許状の写し、または各都道府県教育委員会が発行する免許状授与証明書

※特例講習の受講にあたって、「3年かつ4,320時間」の実務経験を満たしている必要はありませんが、保育士試験受験申請時までに「3年かつ4,320時間」の実務経験を満たしていることが必要となります。
なお、特例制度による保育士試験受験期間は、平成26年度から、平成31年度末まで(平成27年度に改正認定こども園法が施行された場合)です。

◇受講の確定 : お申込み内容とご送付いただいた書類にて受講資格を確認させていただきます。受講資格等に問題がない場合は、コンビニエンスストアで払込み手続きが可能な払込用紙(ハガキ)を10月以降別途送付しますので、10月20日(金)までに受講料をご入金ください。
納金の確認が出来ましたら11月上旬頃に「受講許可証」「受講票」を送付いたします。「受講票」には写真添付のうえ、講習当日必ずご持参ください。 納金の確認が出来次第、「受講許可証」「受講票」を送付いたします。


※期日を過ぎても入金確認ができない場合は、講習を受講することができませんのでご注意ください。

 

お申込みは平成29年9月1日(金) 午前9:00から 開始します。

「お申込み」はここをクリック

特例講習

※スマートフォン・タブレットでは機種によっては正常に動作しない場合があります。

受講をキャンセルする場合

・受講申込み後にやむを得ない事由により受講をキャンセルする場合は、「キャンセル受付フォーム」(URL:https://www.gakuin.otsuma.ac.jp/cgi/kzform/index_cancel.cgi) で速やかに手続きをしてください。この際、受付時に自動メール配信された「お申込み受付番号」と申込み時に入力した「メールアドレス」を入力していただく必要があります。

・受講料入金後、 平成29年10月31日(火) までにキャンセルの手続きを完了された場合には、受講料を全額返金いたします。

それ以後のキャンセルにつきましては、受講料の返金はできません。
なお、受講を辞退された場合でも、一度ご提出いただいた書類は返却いたしませんのであらかじめご了承ください。

追加募集について

申込期間(平成29年9月1日 〜 平成29年9月25日)終了後、定員に満たなかった場合、キャンセル等で欠員が生じた場合は追加募集を行います。
追加募集を行う際には教職総合支援センターのホームページ(URL:http://www.cstop.otsuma.ac.jp/)でお知らせします。

専修証明書について

単位が認定された受講者には、特例教科目を活用して保育士試験を受験する際に必要な「幼稚園教諭免許所有者保育士試験免除科目専修証明書」を平成30年2月下旬から3月上旬に申込書に記入された住所へ郵送します。

お問い合わせ先

大妻女子大学 教育支援センター 資格支援グループ

〒102-8357
 東京都千代田区三番町12番地
  TEL 03-5275-6319 FAX 03-5275-6098
e-mail tokurei◎ml.otsuma.ac.jp ※◎を@(アットマーク)に代えてください。

このページのトップへ

卒業生・一般の方へ